【卒乳】の疑問・気がかりQ&A

【卒乳】Q&A

卒乳は人に言われてするものではなく、いつまでにしなければダメという決まりもありません。離乳食が3回食に進んで、必要な栄養素が食事からとれるようになればOK。赤ちゃん自身の遊びや興味が広がる1才ごろを目安にするママが多いようです。

 

【これができるなら赤ちゃんの準備はOK!】
☆離乳食が一日三回に
☆おっぱいや哺乳瓶以外で水分がとれる
☆あんよができる
☆精神的に離乳の準備ができている

【進め方は?】
☆コップやストロー、離乳食の進み具合を見ながら☆
コップやストロー飲みができたら「バイバイしようね」と声をかけ、ミルクと一緒に哺乳瓶もやめて。混合なら離乳食の量を見ながらミルクを減らし、最後におっぱいをやめると◎。

【考え方は?】
☆哺乳瓶で飲んでいれば1才6ヶ月ごろまでに卒業を☆
ミルクにも、やめなくてはいけないという期限はありません。ただ哺乳瓶で飲んでいる場合は奥歯が生え始めると虫歯になりやすいので、1才6ヶ月ごろまでにはミルクも一緒に卒業を。

 

【卒乳までの4つのSTEP】

STEP1★卒乳の時期を決める

家族と相談して卒乳時期を決定。旅行など特別なイベントがあるときは避けて。

 

STEP2★授乳回数を減らしていく

生活リズムを整え、日中の授乳回数を少しずつ減らして卒乳に備えましょう。

 

STEP3★赤ちゃんの興味を広げる

泣いても授乳に頼らずほかの遊びをするなど、授乳以外への関心を広げて。

 

STEP4★赤ちゃんに伝える

「もうすぐおっぱい、バイバイね」などと話したり、絵を描いて伝えたり、心の準備をさせてあげ、卒乳へ

 

【卒乳】の疑問・気がかりQ&Aについて紹介致します。

 

Q.寝かしつけはおっぱい頼み。卒乳できるか心配です。(10ヶ月)

A.いろいろな方法を工夫してみて

背中をトントンしたり歌を歌ったり、赤ちゃんが心地よくいられる別の方法で寝かしつけを。ガーゼやぬいぐるみなどやわらかいものを触らせると安心する赤ちゃんが多いのでおすすめ。よく眠れるよう日中はたくさん遊ばせ、夜中に空腹で起きないよう離乳食はしっかり食べさせて。

 

Q.始めてから完全に卒乳するまでどれくらいかかるもの?(11ヶ月)

A.始めたときの状況によります

卒乳にかかる時期は卒乳を始めた状況によって変わります。一般的には赤ちゃんが「おっぱい〜」と泣いて欲しがるのが数日続いたあと、だんだんと慣れて1週間〜10日くらいで欲しがらなくなるでしょう。

 

Q.赤ちゃんからの自然な卒乳が理想。いつまで待てばいい?(1才)

A.赤ちゃんの世界が広がれば自然とその日は来ます

赤ちゃんがおっぱいをやめたいと思う日まで待っていれば大丈夫。保育園や幼稚園でお友達と遊ぶなど赤ちゃんの世界が広がれば、自然と「おっぱいをやめよう」と思う日がくるでしょう。
Q.卒乳すると私が寂しくなってしまいそうですが…。(1才)

A.赤ちゃんの自立を喜んで

卒乳は自立への第一歩。まずは赤ちゃんの成長を喜んであげましょう。ただし、寂しい気持ちが残るのもわかります。そんなときは抱っこしたり、キスしたり、赤ちゃんとのスキンシップを楽しんで。

 

Q.無理に卒乳すると精神面に影響する?(1才2ヶ月)

A.ママの愛情を感じられれば問題ありません

卒乳前に「おっぱい、やめようね」と話ししておき、卒乳中におっぱいを欲しがったら抱っこしたりして赤ちゃんとの時間を大切にしましょう。ママの愛情が十分感じられれば、赤ちゃんの精神面への影響は心配いりません。

 

Q.2人目を考えています。卒乳するべき?(1才5ヶ月)

A.排卵の再開を確認しましょう

授乳中でも排卵が再開していれば妊娠は可能。まずは基礎体温を測って確認を。排卵がなければ卒乳を検討。上の子の妊娠初期に出血などのトラブルがあれば妊娠前に卒乳したほうがいいかも。

 

Q.2才過ぎまであげているとやめにくくなる?(1才7ヶ月)

A.そんなことはありません

言葉の理解が進んで言い聞かせればわかる年代なので、やめにくくなることはありません。むしろ2〜3才はおっぱいを吸いたいという要求が落ち着いてきて、スムーズな場合も。

 

卒乳日を決めて、毎日こどもと一緒にカレンダーを見ながら「今日はここ、おっぱいバイバイする日はここ!あと何日あるかな?」と、シールをカレンダーに貼らせながら説明し、こどもの気持ちも整えてあげて、卒乳日〜3日間少しぐずったとしても、たくさん身体を動かして遊んでたらすんなり眠ってくれるようになった等いろいろ。家族で相談しあい協力してもらうことも大事ですね。

参照サイト:「赤ちゃん&子育てインフォ」

関連記事

ページ上部へ戻る